2017年12月26日
トトロの森46号地誕生

46号地は、狭山丘陵の比良の丘から1キロメートルほど北にある平地林の一画です。

◆トトロの森46号地の概要

この土地は、狭山丘陵の比良の丘から1キロメートルほど北にある平地林(およそ2ヘクタール)の一画で、周囲は畑の広がる里山となっています。
林床はアズマネザサに覆われ、管理不十分の様子が見て取れますが、生育する高木のほとんどがコナラの良好な雑木林です。所沢市と入間市との市境に位置し、近くには狭山ヶ丘学園の総合グラウンドがあります。

<この土地を取得した理由>
ここは、圏央道の入間インターチェンジから近いために、物流関係の駐車場等の需要が高い地域であり、所沢市は「三ケ島工業団地」に指定する構想をもっていると言われています。また、この土地の西側にある市境の道を拡幅する計画があるとも聞いています。もし工業団地になって道路が整備されたりすると、この平地林は開発されてしまう恐れが強くあります。 丘陵部と至近距離に所在するまとまりのある雑木林は、生きものの移動や生息にとって重要な役割を果たしていることから、可能な限り保全していく必要があります。畑が広がる所沢市林地区及び隣接する入間市宮寺地区の里山景観を保全する意味も合わせて、この雑木林を取得しました。なお、所沢市林地区での森の取得は今回が初めてです。

◆トトロの森46号地の管理方針

〇 コナラ、クヌギを主体とした落葉広葉樹の森

コナラ、クヌギを主体とした落葉広葉樹の森を目指して管理を行う。ヤマザクラ、イヌザクラ等の開花期に目を楽しませてくれる樹は残し、常緑樹は除伐する。被度が最も高かったアズマネザサは、優先的に取り除く。

所在地

所沢市林一丁目

面 積

1,312㎡

取得日

2017年12月26日

取得金額

4,198,400円