トトロの森の紹介

トラスト取得地(ナショナル・トラストについて)

ナショナル・トラストで取得したトラスト取得地のご紹介です。

ナショナル・トラストとは

ナショナル・トラストとは、市民や企業から寄付を募って美しい自然や歴史的建造物などを買い取り、将来に引き継いでいく運動のこと。野生の生きものやその住みか、歴史的な価値のある文化財などを確実に守ることができる方法で、1895年に英国ではじまりました。
トトロのふるさと基金では、1990年から土地を買い取るナショナル・トラスト活動を始めましたが、都心に近い狭山丘陵は地価が高く、決して広い面積を取得できているわけではありません。しかしそれでも、市民による保全活動を広く社会にアピールすること、私たちの活動を端緒により広い面積が保全されることを目指しています。
トトロの森・狭山丘陵を守るためには、長い時間とたくさんのお金がかかります。

今まで、土地を買うためのトラスト基金に全国からたくさんの寄付を寄せていただきました。
あなたも「トトロの森」を守る仲間になってください!
ナショナル・トラストの森林風景
これまでに寄せられた寄付金の合計(1990~2016/8/31現在)
「トトロの森基金」への寄付金はそのまま、森を買い取る費用に充てられます。
いただいた寄付は土地を買うために積み立てています。
925,530,179円

ナショナル・トラスト「トトロの森」が伝えるもの

トラスト運動は、土地をどれくらい買ったとか、寄付金がどれだけ集まったといって終わりになるものではありません。
将来にわたり取得した土地を守り、また緑や文化財を守ることの大切さを次世代に伝えていかなければならないものなのです。
次世代の子供たちのために、できることは何か。多くの人の想いが地球規模での気運となり潮流となりつつあります。トトロの森はその象徴であり、そして希望でもあるのです。
ナショナル・トラストの入口の写真
  • トトロの森1号地
  • トトロの森2号地
  • トトロの森3号地
  • トトロの森4号地
  • トトロの森5号地
  • トトロの森6号地
  • トトロの森7号地
  • トトロの森8号地
  • トトロの森9号地
  • トトロの森10号地
  • トトロの森11号地
  • トトロの森12号地
  • トトロの森13号地
  • トトロの森14号地
  • トトロの森15号地
  • トトロの森16号地
  • トトロの森17号地
  • トトロの森18号地
  • トトロの森19号地
  • トトロの森20号地
  • トトロの森21号地
  • トトロの森22号地
  • トトロの森23号地
  • トトロの森24号地
  • トトロの森25号地
  • トトロの森26号地
  • トトロの森27号地
  • トトロの森28号地
  • トトロの森29号地
  • トトロの森30号地
  • トトロの森31号地
  • トトロの森32号地
  • トトロの森33号地
  • トトロの森34号地
  • トトロの森35号地
  • トトロの森36号地
  • トトロの森37号地
  • トトロの森38号地
  • トトロの森39号地
  • トトロの森40号地
  • 上のマップの番号をクリックして各トラスト地の情報をご覧ください。






















このナショナル・トラストの手法で買い取られた「トトロの森」それぞれについてご紹介します。
トトロの森1号地
1990年に発足した「トトロのふるさと基金委員会」が取得した初めてのトラスト地です。
コナラやスギを主体とした雑木林で、「狭山丘陵いきものふれあいの里スポット2(虫たちの森)」や「さいたま緑のトラスト基金トラスト2号地」に隣接していますが、急な斜面に太いスギなどが生育しているため、落ち着いた雰囲気の場所になっています。
この森の周囲は一面の雑木林で、クヌギ、コナラ、ヤマザクラ、エゴノキ、イヌシデ、アカマツなど、いわゆる武蔵野の雑木林を代表する樹木がほとんどそろっており、林床にはカントウカンアオイも見られます。
取得当時は2mほどもあるアズマネザサで覆われていましたが、ボランティアの方々の管理活動により刈り払われ、今では雑木林としての美しさがよみがえっています。

トトロの森1号地の写真
トトロの森1号地の管理方針
  • ・ここには大きな杉やクヌギがあるので、周囲の雑木林と調和のとれた大きな木が残る林にする。
  • ・アズマネザサや実生の常緑樹などの下草は刈り払い、荒れた雑木林にはしない。
  • ・多くの市民が散策に訪れるので、安全に配慮して管理作業をする。
トトロの森1号地の概要
  • 場所:埼玉県所沢市上山口雑魚入351
  • 面積:1183㎡
  • 取得日:1991年8月8日
  • 取得価格:64,407,800円
トトロの森2号地
「トトロのふるさと基金委員会」で取得したトラスト第2号地です。
狭山丘陵の東の端の鳩峰公園に隣接しており、「狭山丘陵いきものふれあいの里スポット4(雑木の森)」の中にあります。
コナラ・クヌギやアカマツなどを主体とした典型的な武蔵野の明るい雑木林です。
遊歩道に面した一角には野外テーブルとベンチがあり、新緑の季節には渡り途中の夏鳥や春の山野草などを観察しながらゆっくりと休憩ができます。
現在、ボランティアの方々で下草刈りなどの管理作業を継続しています。送電線の下は、樹木を一部伐採し萌芽更新をするとともに、小学校で育てたどんぐりの苗を植える環境教育の場としています。

トトロの森2号地の写真
トトロの森2号地の管理方針
  • ・雑木林として活用するために、一部萌芽更新をする。
  • ・近隣の小学校の環境教育の場として活用する。
  • ・下草刈りや落ち葉はきを行い、堆肥として農地に活用する。
トトロの森2号地の概要
  • 場所:埼玉県所沢市大字久米字八幡越2375・2376
  • 面積:1712㎡
  • 取得日:1996年4月10日
  • 取得価格:56,300,000円
トトロの森3号地
トトロの森3号地は、「トトロのふるさと基金」が「財団法人 トトロのふるさと財団」になって 初めて取得したトラスト地です。
コナラやヒノキを主体とした雑木林で、1991年に取得した「トトロの森1号地」に続く道の入り口にあたります。
ボランティアの方々による管理作業で、ヒノキや枯れたアカマツを伐採し、明るい雑木林に戻りました。2011年に取得したトトロの森15号地と一体となった雑木林として管理しています。

トトロの森3号地の写真
トトロの森3号地の管理方針
  • ・管理の行き届いた明るい雑木林にする。
  • ・ヒノキはある程度残して、里山管理に必要が生じたとき伐採して活用する。
トトロの森3号地の概要
  • 場所:埼玉県所沢市上山口チカタ253-2
  • 面積:1252㎡
  • 取得日:1998年5月26日
  • 取得価格:20,000,000円
トトロの森4号地
ここは、狭山湖を取り囲む(通称)周囲道路に面し、以前は豊かな緑地が続いていました。しかし近年、資材置き場や作業場、残土置き場といった小規模に林を切り開く開発が増加し、このあたりの緑は少しずつ少なくなってきています。
そこで、私たちはこういった状況を少しでもくい止めるため、この土地の取得を決めました。
取得した当初、竹が生い茂り、斜面下は栗林となっていました。竹(モウソウチク)が、コナラの雑木林に後から入り込み、コナラを枯らせてしまったようです。現在、ボランティアによる継続的な竹の間引き作業で、明るい竹林になってきました。間引いた竹は、炭焼きをして竹炭として、管理作業のときに活用しています
また、2003年3月23日に、明るい雑木林にしていくため、コナラとクヌギの苗を会員・寄付者の方々と植樹しました。このイベントは、土地取得(2001年)の際に開催した「トトロの森4号地見学会」で拾ったどんぐりを参加者の自宅で育て、その苗を植えもどすというものでした。現在、植えられた苗は元気に育ち、2007年3月には、移植して定植するまでになりました。

トトロの森4号地の写真
トトロの森4号地の管理方針
  • ・モウソウチク林は、間引きをし、管理の行き届いた明るい竹林にする。
  • ・栗は枯れたものから伐採し、いずれ、コナラの雑木林に変える。
  • ・コナラの苗を育てるために草刈をする。
トトロの森4号地の概要
  • 場所:埼玉県所沢市三ケ島1丁目395
  • 面積:約 1,173㎡
  • 取得日:2001年5月23日
  • 取得価格:8,196,367円
トトロの森5号地
ここは、埼玉県がすすめている「緑の森博物館」の事業計画地に含まれていますが、地主さんに相続などの問題がおこっても埼玉県では買い取ることが難しい状況とわかりました。
私たちはこの5号地を取得することで、確実な保全策を行政とともに考えていきます。取得当時、林床にはササが生い茂ってはいるものの、細い樹木の多い若い林であることがわかりました。現在は、ボランティアによる継続的な下草刈りで雑木林らしくなりました。2013年には森の一部で萌芽更新のための伐採作業を実施しました。

トトロの森5号地の写真
トトロの森5号地の管理方針
  • ・管理の行き届いた明るい落葉樹林
  • ・常緑樹の除伐や下草刈りを適宜実施し、日照が林床に広がる明るい森を目指す。
  • ・森の若返りや里山景観の復元を目的とした萌芽更新作業等も長期的に実施していく。
  • ・また、さいたま緑の森博物館内に位置するため、埼玉県の管理方針にも注視していく。
トトロの森5号地の概要
  • 場所:埼玉県所沢市大字堀之内133-1、134-1
  • 面積:3935㎡
  • 取得日:2003年10月29日
  • 取得価格:19,900,000円
トトロの森6号地
6号地は、開発が進む狭山丘陵の東部地域にあり、住宅地の中に残った貴重な樹林地の一部です。
南側の隣接地は、すでに広い住宅地となっています。北側から西にかけては、地中を東京都水道局の巨大な送水管が通るアルペンロードで、菩提樹田んぼに続く樹林地が残っています。
ここは斜面の急な山林で、大きく育ったクヌギが多いのが特徴です。以前は落ち葉はきをして堆肥に使っていたことがうかがわれます。
今まで、管理があまりされていなかったため、下草も生い茂っている状況ですが、周辺の子供たちの遊び場にもなっているため、地域の人たちとも協力しながら、明るい雑木林になるように管理していきたいと考えています。
現在は、6号地の半分は明るい雑木林になりました。残りの部分の管理計画を検討しています。

トトロの森6号地の写真
トトロの森6号地の管理方針
  • ・明るい雑木林を維持する。
  • ・子供が遊ぶことができる雑木林にする。
  • ・残っている部分は生物多様性に配慮した管理を行う。
トトロの森6号地の概要
  • 場所:埼玉県所沢市大字山口字狢入2627-1、2630-1、2632-2、2633-1、-2
  • 面積:3873㎡
  • 取得日:2003年10月29日
  • 取得価格:19,030,000円
トトロの森7号地
7号地は、所沢市がゴミの最終処分場建設候補地としていた、北野の谷戸の中に位置しています。トトロのふるさと基金は狭山丘陵に残された貴重な谷戸を候補地から外すよう、行政に要望してきました。谷戸の中の土地は農地として登記されているところが多く、私たちは取得することができませんでした。そこで私たちがトラストできる山林を取得することで最終処分場の建設を食い止めようと、地権者の方との交渉を重ねてきました。
最終処分場は「狭山丘陵の自然公園内には建設できない」という県の方針によって見送られましたが、谷戸の景観と豊かな生態系を保全するためにトラスト地取得の交渉は続けられました。
地元の方々の協力のもと、北野の谷戸に田んぼを復活させ、里山の景観を取り戻す取り組みが始まっています。そのような中、地権者の方に谷戸の保全にご理解をいただくことができ、交渉がまとまり7号地の取得に至りました。現在は竹が生い茂っていますが昔はいわゆる雑木林(ヤマ)であったようです。北野の谷戸の保全におけるシンボル的な場所にしたいと考えています。

トトロの森7号地の写真
トトロの森7号地の管理方針
  • ・モウソウチクを間伐し密度を下げる
  • ・林床の植生の多様性を高める
トトロの森7号地の概要
  • 場所:埼玉県所沢市北野南2丁目28-45、46
  • 面積:1151㎡
  • 取得日:2008年11月14日
  • 取得金額:9,300,000円
トトロの森8号地
8号地は、所沢市椿峰から上山口、雑魚入りの雑木林に向かう入口に位置しています。この雑魚入り地区にはトトロの森1・3号地のほか、埼玉県のトラスト2号地や所沢市の公有地が広がり、樹林地を形成しているところです。この周辺は、資材置き場や住宅の建設といった開発に侵食されつつあるところでもありますので、ここでのトラスト地取得は、この周辺に残された、管理された美しい雑木林を保全していく目的をもっています。

トトロの森8号の写真
トトロの森8号地の管理方針
  • ・ニセアカシアを除伐する
  • ・立ち枯れ、倒木の整理を適宜行なう
  • ・資材置き場と接する東側は境界に沿って2~3m混み合った状態を残す
  • ・住宅側は境界から1mの幅は空け、枝が住宅にかからないよう剪定する
トトロの森8号地の概要
  • 場所:埼玉県所沢市北野南1丁目20-49
  • 面積:1179㎡
  • 取得日:2008年11月14日
  • 取得金額:8,201,250円
トトロの森9号地
9号地は、面積にすると100㎡にも満たない、バブルの折に開発され、宅地として分譲された土地の一部です。
ここは、住宅を建てることのできない市街化調整区域です。それにもかかわらず造成され、ゆくゆくは住宅建築が可能になるという触れ込みで売りに出されました。
今回私たちにこの土地を売ってくださった地権者の方もそれを信じ購入したものの、住宅建築はかなうことのないまま高齢になり、毎年の草刈などの手入れが難しくなっていました。そこで、この地権者が市役所に相談にいき、私たちが紹介され、交渉の末、9号地の取得に至りました。
狭山丘陵には、このような開発地やゴミの投棄された場所なども数多く存在します。多くは資材置き場などになっていますが、最近では放置されていることも珍しくありません。そのような小さな土地を、私たちはトラスト地として確保し、丘陵の緑の回復に努めていきます。

トトロの森9号地の写真
トトロの森9号地の管理方針
  • ・当面は草原状態を保つ
  • ・初夏と秋に下草刈りを行う
トトロの森9号地の概要
  • 資材置き場などの拡散を防ぎ緑地を回復するために取得しました
  • ※案内板は現在作成中です
  • ※周囲の擁壁が崩れる恐れがあり危険なため、立ち入りはご遠慮ください
  • 住所:埼玉県所沢市三ヶ島1丁目410-13、14
  • 面積:104㎡
  • 取得日:2008年11月26日
  • 取得金額:100,000円
トトロの森10号地
所沢市三ヶ島に、私たちと協力関係にあるボランティア組織『ゆめとこファーム』が落ち葉掃きなどを行なっていた雑木林がありました。この林の地権者の方は、高齢のため自分では管理ができなくなってしまったものの、ヤマは残したいという想いをお持ちでした。
そんな折、この地権者の方がトトロのふるさと基金の活動を知り、雑木林を買い取ってほしいと申し入れたのです。
緑を残していきたいという地権者の想いと基金の意向が合致し、トトロの森10号地として取得することができました。狭山丘陵は、今もあちらこちらで緑が失われつつあります。私たちは、狭山丘陵の緑を後世に遺していくために、これからもナショナル・トラスト活動に取り組んでいきます。

トトロの森10号地の写真
トトロの森10号地の管理方針
  • ・下草刈りと落ち葉掃きを行う
  • ・立ち枯れ、倒木の整理を適宜行う
  • ・道路に面している平地部分は畑地での利用を試みる
トトロの森10号地の概要
  • トトロの森4号地・9号地に近く、一帯の緑地として保全するために取得しました
  • 住所:埼玉県所沢市三ヶ島1丁目379-1
  • 面積:1349㎡
  • 取得日:2009年5月19日
  • 取得金額:5,400,000円
トトロの森11号地
この土地は、北野の谷戸を構成する北向き斜面に位置し、湿地をはさんだ向かい側にはトトロの森7号地があります。
北野の谷戸は、かつて所沢市の最終処分場建設候補地となり、埋め立てられ、なくなろうとしていました。市民の反対運動もあり、処分場建設は見送られましたが、その後もトトロのふるさと基金では残された谷戸の保全に取り組んできました。
谷戸の自然環境の豊かさや保全の方策を地元の方とともに学ぶ「北野の谷戸のつどい」や自然環境調査を継続的に実施し、2009年12月には北野の谷戸保全プロジェクトを始動。水田を復元して、かつての谷戸の風景を取り戻すとともに、トンボやカエルなどの生きものがよみがえる環境の整備を目指しています。

トトロの森11号地の写真
トトロの森11号地の管理方針
  • ・コナラを主体とした落葉広葉樹林
  • ・農(北野の谷戸)とのつながりを実践した森
  • ・常緑樹の間伐や下草刈りを適宜実施し、下層植生の多様性を高めていく。
  • ・森の若返りや里山景観の復元を目的とした萌芽更新作業等も長期的に実施していく。
  • ・北野の谷戸に近い場所に立地しているため、農用林としての活用を進め、下草や落ち葉は北野の谷戸の堆肥として活用する。
  • ・下草刈りと落ち葉掃きを適宜行い、堆肥づくりを行う。
トトロの森11号地の概要
  • コナラやアカマツ、エゴノキ、スギなどが育成する植生の豊かな雑木林です。
    現在取り組んでいる北野の谷戸保全活動に弾みをつけることができると考え、地権者の理解と協力のもとに取得しました。この森の豊かな自然環境の保全を第一に考え、ボランティアの方とともに適切な管理作業を行なっていきます。
  • 住所:埼玉県所沢市北野南2丁目28-13
  • 面積:2386㎡
  • 取得日:2010年1月25日
  • 取得金額:14,250,000円
トトロの森12号地
この土地は、所沢市北中から東狭山ヶ丘にかけて広がる平地林の一角を占めており、埼玉県が指定した「北中・水野の森ふるさと景観地」となっています。広大な雑木林と畑の組み合わせによって、北中の地域にはなつかしい武蔵野の風景が今に残されています。
私たちは、狭山丘陵周辺に広がる貴重な武蔵野の雑木林の保全が推進されることを願って、この土地を取得することにしました。
なお、この土地の隣接地にはかつて大きな墓地の計画が立てられたことから、地元の方々を中心とした反対運動が起こり、私たちもそれに協力して保護活動をおこなってきました。
トトロの森12号地の写真
トトロの森12号地の管理方針
  • ・管理の行き届いた多様性のある落葉広葉樹林をめざす
  • ・常緑樹の伐採、株立ち整理、下層植生の刈り払い、落ち葉掃きを行う
トトロの森12号地の概要
  • コナラ、エゴノキ、ミズキなどが生育する比較的若い雑木林です。キビタキやヤマガラなどの野鳥が生息しているほか、ミヤマセセリやコツバメなどの蝶も見られます。また、周辺の森ではオオタカやフクロウの営巣が確認されています。
    この土地を含む平地林の豊かな自然環境を保全するために、地域の方々がメンバーとなったボランティアグループの協力を得て、雑木林の適切な保全管理作業を行っていきます。
  • 住所:埼玉県所沢市北中四丁目455番
  • 面積:5168㎡
  • 取得日:2010年6月14日
  • 取得金額:36,505,000円
トトロの森13号地
ここは、北に向かってなだらかに低くなっている雑木林です。クヌギやコナラ、エノキなどが生育していますが、モウソウチクが進出しつつあります。
林床には、数は少ないものの埼玉県の絶滅危惧Ⅱ種(絶滅の危険が増大している種)に指定されたカタクリが確認されています。カタクリの生育地は、埼玉県側の狭山丘陵ではわずか数箇所になってしまったと考えられます。
トトロの森13号地の写真
トトロの森13号地の管理方針
  • ・カタクリの生育に適した明るい雑木林をめざす
  • ・アオキ、ヒサカキなどの常緑樹やモウソウチク、シュロは除伐する
  • ・コナラやシデ類を主体とした雑木林として維持する
  • ・落ち葉の採取は、カタクリの生育に支障のない範囲で行う
トトロの森13号地の概要
  • この土地は、埼玉県緑の森博物館(所沢分)及び(仮称)三ヶ島堀之内公園計画構想地の近くに位置しています。このあたりは、雑木林と畑が適度に入り混じる風景が広がっており、狭山丘陵の中でもすばらしい景観を示すところの一つと言えます。また、隣接する「山之神神社」のたたずまいはまさに映画「となりのトトロ」の風景を彷彿とさせる雰囲気があります。
    また、貴重な植物であるカタクリの生育地であることも、この土地の取得を決めた理由の一つです。
    地権者の方からは、高齢によりヤマの管理ができなくなったので、カタクリをしっかり守ってくれる団体に保全管理をしてほしいという申し出がありました。こうした思いにしっかりと応えていきたいと思います。
    カタクリにとってモウソウチクの繁茂は好ましくない環境ですので、今後はボランティアグループの協力を得て、カタクリの盗掘防止のための対策を図るとともに適切な日照条件などをとりもどすために必要な作業を行っていきます。
  • 住所:埼玉県所沢市掘之内472
  • 面積:1443㎡
  • 取得日:2010年10月28日
  • 取得金額:5,815,290円
トトロの森14号地
トトロの森14号地は、狭山丘陵を水源とする砂川掘が、小手指ヶ原古戦場を流れ下る途中にある小さな河畔林です。
大きなクヌギやコナラ、ミズキ、アカシデなどが生育しています。
トトロの森14号地の写真
トトロの森14号地の管理方針
  • ・貴重な林床植物が生育する明るい雑木林をめざす
  • ・人の立ち入りを制限する措置や外来種の駆除などを行う
  • ・常緑樹の伐採や下層植生の刈り払いなどを行う
  • ・落ち葉の採取は、貴重な林床植物の生育に支障のない範囲で行う
トトロの森14号地の概要
  • 砂川掘は、自然護岸を保った河川です。水源の「堂入りの池」から国道463号線誓詞橋を超えるところまで、延長3.5キロほどの部分では、広々とした畑の中を時には蛇行しながら流れ下り、河岸には今でも豊かな樹林を残しています。
    人の手が加わらずに自然護岸のまま残された河川は狭山丘陵周辺では今では貴重になってしまいました。
    また、河畔林の緑地は野鳥などの生きものの移動経路として狭山丘陵の自然の豊かさを高めています。
    今後は砂川掘およびその流域の保全に取り組んでいる市民団体「砂川流域ネットワーク」の協力を得て現況把握調査を行うとともに、植物の生育環境の改善を図っていきます。
  • 住所:埼玉県所沢市北野3丁目6-12
  • 面積:336㎡
  • 取得日:2011年1月27日
  • 取得金額:2,000,000円
トトロの森15号地
トトロの森15号地は、トトロの森3号地に隣接する、西向きの明るい雑木林です。
コウヤボウキやヤクシソウ、センニンソウなどの植物が林床を彩ります。
トトロの森15号地の写真
トトロの森15号地の管理方針
  • ・管理の行き届いた明るい落葉樹林
  • ・隣接する3号地と同様に、常緑樹を伐採し、下草刈りを適宜行う。
  • ・土砂の流出の恐れがあるため、落ち葉掻きは行わない。
トトロの森15号地の概要
  • この森はこれまで、「チカタの森」として「NPO法人チカタの景観を考える会」(2011年に解散)が適切に管理を行ってきたことにより、豊かな里山の雑木林の景観が保たれてきました。 2011年6月、この土地の地権者の方から基金に対して土地の無償寄付の申し出をいただきました。トトロの森3号地と相まって、周辺一帯の良好な環境を維持する上で必要な緑地であると考え、寄付の受け入れを決議しました。 私たちにとって、寄付による土地の取得は今回が初めての事例になります。また、公益財団法人に移行して最初のトラスト地の取得となります。
  • 住所:埼玉県所沢市上山口字チカタ2-2
  • 面積:1248㎡
  • 取得日:2011年10月30日
  • 取得金額:無償寄付
トトロの森16号地
トトロの森16号地は、私たちが谷戸田の再生に取り組む北野の谷戸の北側の斜面に位置しています。
トトロの森7号地、11号地にもほど近く、コナラやシラカシ、ヒサカキが生育しています。
トトロの森16号地の写真
トトロの森16号地の管理方針
  • ・コナラやウワミズザクラを主体とした落葉広葉樹林
  • ・上層木で優占して出現したコナラとウワミズザクラを主体とした落葉広葉樹林として管理を行う。
  • ・小径木の常緑樹の伐採や下草刈りを実施し、下層植生の多様性を高めていく。
トトロの森16号地の概要
  • 所沢市北野南2丁目にある北野の谷戸は、長い間耕作が放棄されて荒れた状態にありましたが、地元のご理解とご協力をいただき、2009年から谷戸環境の回復作業に取り組んできました。ボランティアの皆さんと水稲の作付けや雑木林の管理などを行なうことによって、少しずつ昔の風景がよみがえってきています。
    東側は資材置き場や家庭菜園などとして利用されているミニ開発地に接しています。
    昨年12月、この土地の地権者の方から土地の無償寄付のお申し出をいただきました。北野の谷戸を構成する樹林地として、谷戸の良好な環境を維持する上で必要な緑地であると考え、寄付の受け入れを決議しました。15号地に続き、2例目の寄付による土地取得となります。
  • 住所:埼玉県所沢市北野南二丁目28-9
  • 面積:1046㎡
  • 取得日:2012年3月19日
  • 取得金額:無償寄付
トトロの森17号地
トトロの森17号地は、東京都側で初めてのトラスト地です。
柳瀬川の河畔林であり、都市部に残された貴重な自然として保全していきます。
トトロの森17号地の写真
トトロの森17号地の管理方針
  • 管理の行き届いた明るい河畔林
  • ・上流に存在する「淵の森」からの植生の連続性を考慮して、管理の行き届いた明るい河畔林として管理を行う。
  • ・西武池袋線の車両から眺望可能な立地であるため、植生管理を行うことで景観の整備にもつなげる
  • ・常緑樹やツル植物、竹、外来種の伐採と林内及び林床の古損木を除外して光環境を変えることで、落葉広葉樹の育成を促す。
トトロの森17号地の概要
  • 通称「ドカドカ」と呼ばれるこの土地は、西武池袋線の線路敷と柳瀬川の河川敷に囲まれて残された山林となっており、現状ではどこからも立ち入ることができません。

    クヌギやケヤキ、ムクノキの大木がありますが、一部にはマダケが生えています。
    この土地の上流には「淵の森」があり、宮崎駿監督をはじめとする方々の努力によって良好な樹林地として適切に保全管理されています。
    柳瀬川にはカワセミやキセキレイの姿も見られ、清らかな流れとなっています。

    2009年に、この土地の地権者の方から土地の無償寄付の申し出をいただきました。淵の森から連続する柳瀬川の河畔林として、一帯の良好な環境を維持するうえで必要な緑地であると考え、寄付の受け入れを決議いたしました。
  • 住所:東京都東村山市秋津町5丁目28-21、22、30、31、33、30-13、15
  • 面積:1767㎡
  • 取得日:2012年5月28日/6月8日
  • 取得金額:無償寄付
トトロの森18号地
トトロの森18号地は、畑を主体としたなだらかな丘陵地の一画にあります。
良好な里山環境のなかにあり、貴重な湧水地に隣接していることから、取得しました。
トトロの森18号地の写真
トトロの森18号地の管理方針
  • 水源の保全に配慮した明るい落葉広葉樹林
  • ・隣接地には砂川の水源として重要な「蛇崩れ湧水」があり、湧水の保全に配慮して、落葉広葉樹を主体とした森を目指す。
  • ・周囲はウメやニシキギなどの花木が多いことから、18号地の花木の一部を残しつつ、モウソウチクなどを伐採して、コナラなどの落葉広葉樹の育成を行うなど、周囲一帯の景観と調和のとれた管理をすすめる。
トトロの森18号地の概要
  • この土地の東側には「蛇崩れ湧水」という湧水地があり、南側は早稲田大学所沢キャンパスの敷地と接しています。周辺の農地にはハナモモやレンギョウなどの花木が植えられていて、それらの花が咲き誇る春先の景色は、狭山丘陵でもっとも美しい景色の一つといえるでしょう。

    取得したこの18号地には、梅やナンテン、アジサイなどが植えられていますが管理状態はあまりよくありません。また、モウソウチクが侵入しています。

    この土地が所在する堀之内地区には、比良の丘やトトロの森13号地、山之神神社などがあり、良好な里山環境が残されています。
    この里山環境を保全するとともに、砂川の源流の一つとして重要な「蛇崩れ湧水」を守っていくためにも、この土地を取得することによってこうした取り組みに弾みをつけることができるものと判断し、取得することにしました。
  • 住所:所沢市堀之内374
  • 面積:376㎡
  • 取得日:2012年10月22日
  • 取得金額:1,504,800円
トトロの森19号地
トトロの森19号地は、狭山湖畔霊園と西武園ゴルフ場、西武ドーム球場にはさまれた形で残された菩提樹池周辺緑地の一画にあります。
1999年から取り組んできた菩提樹池保全の取り組みが形となりました。
トトロの森19号地の写真
トトロの森19号地の管理方針
  • コナラ・クヌギなどの落葉広葉樹を主体とする林
  • ・シンボルとなるような大径朴(30㎝以上)のシラカシとアラカシを残し、その他の伐採と定期的な下草刈りを実施する。
  • ・コナラやクヌギなどの落葉広葉樹の生育を促し、落葉広葉樹を主体とした林としての管理を行う。
  • ・「菩提樹池と周辺の緑を守る協定」に基づき、関係団体との合議を尊重しながら管理をすすめていく。
トトロの森19号地の概要
  • この土地は西側を舗装路に接しており、そこから菩提樹池方向に向かって下る傾斜地になっています。
    コナラやスギの大木が生育するほか、シラカシやシュロが見られます。

    菩提樹池周辺の緑地は、かつての農業用ため池である菩提樹池を中心とした里山で、池の水源となっている雑木林、池から流れ出る小川に沿った湿地と田んぼなど、昔ながらの里山的環境が丸ごと残されていて、ホタルやトンボなどの動植物が極めて豊かな自然を形成しているところです。

    トトロのふるさと基金では1999年から菩提樹池保全キャンペーンを始めました。
    これは、菩提樹池周辺の里山を保全対象とした地域限定のナショナル・トラスト運動で、2013年3月末までの累計で347件、13,687,335円となっています。
    菩提樹池周辺緑地における土地取得は今回が初めてです。

    この土地は菩提樹池の水源涵養林として重要な役割を果たしていること、2009年に菩提樹池愛好会、山口の自然に親しむ会、菩提樹田んぼの会、西武鉄道(株)、所沢市、埼玉県と締結した「菩提樹池と周辺の緑を守る協定」において、トトロのふるさと基金の役割としてトラスト地の拡大に努めることがうたわれていることなどから、この土地をトトロの森19号地として取得することにしました。

    なお、菩提樹池周辺緑地については、埼玉県の「まちのエコ・オアシス保全推進事業」等により、2008年度までに1.6ヘクタールが公有化されています。
  • 住所:所沢市大字上山口字大芝原1998
  • 面積:1968㎡
  • 取得日:2013年3月18日
  • 取得金額:11,808,000円
トトロの森20・21号地
トトロの森20号地は、早稲田大学所沢キャンパスの正門から南東方向に約100m。
散策路に面した平坦な雑木林です。
トトロの森20号地の写真
トトロの森20・21号地の管理方針
  • コナラ・クヌギなどの落葉広葉樹を主体とする林
  • ・本トラスト地は、早稲田大学所沢キャンパス周辺に残された雑木林の一画に立地し、互いに隣接していることから、20号地及び21号地に共通する一つの管理方針を定める。
  • ・下草刈りによるアズマネザサの除草とアオキ等の常緑樹・キヅタなどのツル植物の伐採を行い、落葉広葉樹を主体とした林として管理を行う。
  • ・適正な植生管理を行い管理の行き届いた雑木林として復元することにより、周辺一帯の森を良好な自然環境として保全していくトトロのふるさと基金の姿勢を示すこととする。
トトロの森20号地の概要
  • この土地は狭山丘陵いきものふれあいの里のスポット3に含まれています。
    大学校地の外縁をめぐる散策路に面していて、地形はほぼ平坦です。
    コナラの大径木が生育し、シラカシやアオキなどの下層植生が密生しています。
    ここはいきものふれあいの里のスポットに含まれているとはいえ、所沢市の保護地区にも指定されておらず、保全の担保性はありません。

    かつてはオオタカの営巣が確認されたことがあり、現在はキビタキやホトトギスの鳴き声が聞こえる豊かな森となっています。
    この土地を取得することによって、早稲田大学周辺地域に残された良好な自然環境を保全するうえでの弾みになると判断し、取得することにしました。


  • 住所:所沢市三ヶ島二丁目497-2、-3、502
  • 面積:3468㎡
  • 取得日:2013年6月10日
  • 取得金額:12,138,000円

トトロの森21号地
トトロの森21号地は、20号地に隣接する平地林。
いきものふれあいの里スポット3のエリア内にあり、広く残された緑地の一画を占めています。
トトロの森21号地の写真
トトロの森20・21号地の管理方針
  • コナラ・クヌギなどの落葉広葉樹を主体とする林
  • ・本トラスト地は、早稲田大学所沢キャンパス周辺に残された雑木林の一画に立地し、互いに隣接していることから、20号地及び21号地に共通する一つの管理方針を定める。
  • ・下草刈りによるアズマネザサの除草とアオキ等の常緑樹・キヅタなどのツル植物の伐採を行い、落葉広葉樹を主体とした林として管理を行う。
  • ・適正な植生管理を行い管理の行き届いた雑木林として復元することにより、周辺一帯の森を良好な自然環境として保全していくトトロのふるさと基金の姿勢を示すこととする。
トトロの森21号地の概要
  • この土地も20号地同様狭山丘陵いきものふれあいの里のスポット3に含まれています。
    大学校地の周辺に残された良好な緑地の一画を占めていて、地形はほぼ平坦です。
    コナラの高木が優占し、一部にシラカシが生育しています。下層植生はアズマネザサなどが密生していますが、最近、ここでウグイスの営巣が確認されました。
    この土地を含む早稲田大学校地の周辺地域には、多様な生物の生育環境となっている雑木林が豊かに残されています。

    こうした貴重な自然環境を保全するために取得しました。
    隣接する20号地とあわせれば、これまでで最大面積の「トトロの森」となります。

  • 住所:所沢市三ヶ島二丁目503
  • 面積:3979㎡
  • 取得日:2013年10月17日
  • 取得金額:13,926,500円
  • トトロの森22号地
    トトロの森22号地は、狭山湖堰堤の北端からすぐそば。
    美しくのどやかな里山環境がはじまる場所にあります。
    トトロの森22号地の写真
    トトロの森22号地の管理方針
    • コナラを主体とする林
    • コナラを主体とする林を目指して管理を行う。上層木として多く出現したニセアカシアは伐採を進める。コナラ以外では、ウワミズザクラやヤマツツジ等の雑木林にふさわしい樹は残す。倒木による事故を防ぐために、隣接地に配慮した管理を行う。 下層植生では、アズマネザサの繁茂が予想されるため、定期的な下草刈りを行う。また、アオキなどの常緑樹と、キヅタなどのツル植物は適宜伐採を行う。
    トトロの森22号地の概要
    • この土地は狭山湖堤防の北側にある、所沢市の駐車場の西隣にある雑木林です。
      森の南側は狭山湖周囲道路に近接しています。
      コナラを主体とする雑木林で、一部にニセアカシアが生育していますが、アズマネザサが密生している傾斜地です。

      狭山湖を取り囲む豊かな森が始まる位置にあり、狭山丘陵の自然を守るために重要な場所であると考え、この土地を取得しました。

      また、このあたりは多くの市民が散策やお花見などで利用するエリアになっています。私たちトトロのふるさと基金の活動を多くの市民に知っていただくうえで大きな効果が期待できる場所でもあります。

      今後は現況の植生等の調査を行い、その結果を踏まえた管理方針を策定したうえで、保全の取り組みを進めていきます。


    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:所沢市三ヶ島一丁目73-1
    • 面積:2791㎡
    • 取得日:2014年2月7日
    • 取得金額:14,848,120円
    トトロの森23号地
    トトロの森23号地は、住宅地に囲まれた雑木林です。
    6号地と一部の境界を接していて、一体として貴重な自然環境を保全できる場所にあります。
    トトロの森23号地の写真
    トトロの森23号地の概要
    • この土地は、西武狭山線下山口駅から南西におよそ1キロメートルのところに位置しています。
      2003年に取得したトトロの森6号地と接しており、6号地とともに豊かな自然環境を構成しています。
      西側には小さく区画された箇所があり、現在は家庭菜園として利用されています。

      植生は、コナラを主体とする雑木林で、長い間管理されずに放置されたため林床にはヒサカキやシュロなどが生い茂っています。

      この土地は、開発により失われつつある所沢市山口地区の緑地のうち、トトロの森6号地を中心とした良好な樹林地の一部を後世しており、6号地とともに保全を進めていくうえで必要と判断し、取得しました。

      今後は現況の植生等の調査を行い、その結果を踏まえた管理方針を策定したうえで、保全の取り組みを進めていきます。
    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:所沢市山口字貉入2636番
    • 面積:2542平方メートル
    • 取得日:2014年2月26日
    • 取得金額:11,947,400円
    トトロの森24号地
    トトロの森24号地は狭山湖周囲道路から100メートルほど北に位置しています。
    周辺には資材置き場が点在し、1980年代以降に小規模な乱開発が集中して行われてきた場所です。
    トトロの森24号地の写真
    トトロの森24号地の概要
    • この土地の東側には、10平方メートルほどの小さい区画で分譲されたミニ開発地があり、そこに立っている建造物は老朽化が進んで今ではほとんど空き家の状態になっています。
      植生は、コナラやヤマザクラを主体とする雑木林で、落ち葉堆肥を作るための管理が継続的に行われています。

      持続的で良好な管理がなされてきたことにより、この山林には昔ながらの武蔵野の植物が生育しており、トトロの森として保全する価値が高いところです。

      また、ミニ開発の進行によって自然環境の悪化が進んでしまったこの地域にあって、かろうじて残された自然をの保全していく必要があります。これ以上の破壊を許さないくさびとして、この森を取得しました。

      今後は現況の植生等の調査を行い、その結果を踏まえた管理方針を策定したうえで、保全の取り組みを進めていきます。
    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:所沢市三ヶ島一丁目336-1
    • 面積:1221平方メートル
    • 取得日:2014年3月14日
    • 取得金額:4,395,600円
    トトロの森25号地
    トトロの森25号地はトトロの森6号地に隣接し、23号地にも至近の距離にあり、一帯に広がる豊かな森の一画です。
    トトロの森25号地の写真
    トトロの森25号地の概要
    • 6号地、23号地と共に豊かな森を構成しています。東側には狭い所沢市道があり、舗装されています。
        西から東に向かって傾斜した地形で、コナラやニセアカシアの高木が優占し、林床にはヒサカキが多く見られます。  本年3月に地権者から無償寄附の申し出がありました。トトロの森6号地や23号地とともに所沢市山口地区の良好な自然環境を構成しており、当地一帯の自然保護にとって必要な山林であると考えられますので、申し出に応じて寄附受領することにしました。
      今後は現況の植生等の調査を行い、その結果を踏まえた管理方針を策定したうえで、保全の取り組みを進めていきます。
    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:所沢市大字山口字狢入2629番
    • 面積:1,107平方メートル
    • 取得日:2014年5月27日
    • 取得金額:無償寄附
    トトロの森26号地
    トトロの森26号地は、トトロの森20号地、21号地を含んで広がる早稲田大学周辺緑地の中にあり、埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里スポット3に含まれる美しい森です。
    トトロの森26号地の写真
    トトロの森26号地の管理方針
    • コナラとクヌギなどの落葉広葉樹を主体とする林
    • コナラとクヌギなどの落葉広葉樹を主体とする明るい林を目指して管理を行う。開花時に目を楽しませてくれるヤマザクラは残し、希少種の保護育成を行う。下草刈りを年1回程度行い、アオキなどの常緑樹とアズマネザサとキヅタ、ツタウルシなどのツル植物は伐採する。
    トトロの森26号地の概要
    • この土地は、トトロの森20号地、21号地を含んで広がる早稲田大学周辺緑地の中にあり、埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里スポット3に含まれています。昨年末には、本件土地を含めた墓地開発計画が進められようとしましたが、所沢市墓地等の経営の許可等に関する条例第12条に定める設置基準に適合せず、事前協議が却下された経緯があります。
      地形はほぼ平坦であり、最近まで落ち葉掃きなどの管理がていねいに行われていた様子がうかがえます。
      植生は、コナラを主体とする雑木林で、昔ながらの明るい雑木林です。林床にはキンラン、ギンラン、サイハイランなどの貴重な植物が多く確認されています。

       昔ながらの雑木林の様相を今に残しているこの土地は、貴重な植物の宝庫であり、トトロの森として保全する価値が極めて高いところです。墓地開発をはじめとする開発から守り、多様な生物の生息環境となっている豊かな自然を保全するために取得することにしました。

    • ※案内板は現在作成中です。
    • その1
    • 住所:所沢市三ケ島二丁目526番
    • 面積:1,683平方メートル
    • 取得日:2014年8月25日
    • 取得金額:6,563,700円
    • その2
    • 住所:所沢市三ケ島二丁目524番
    • 面積:979平方メートル
    • 取得日:2014年11月17日
    • 取得金額:3,720,200円
    トトロの森27号地
    トトロの森27号地はトトロの森14号地に隣接し、希少野生植物の宝庫となっています。
    トトロの森25号地の写真
    トトロの森27号地の概要
    • この土地は、不動橋近くの砂川掘に沿って残された河畔林の一画にあります。2011年1月に取得したトトロの森14号地と隣接しており、希少野生植物の宝庫となっています。14号地とこの土地を併せて、市民団体の「砂川流域ネットワーク」による適切な管理がこれまで継続して行われてきました。
       ここに生育する樹木は、クヌギ、コナラ、アカシデなどであり、いずれの木も大径木になっています。
      この土地は、イチリンソウ、アマナ、キツネノカミソリ、キンラン、ギンランといった希少な植物が多産する重要な場所であり、かつてトトロの森14号地を取得したときから、保全する必要性を感じていた山林です。
      護岸工事が行われていない砂川堀そのものが現在ではたいへん貴重な自然護岸の河川であり、この土地と併せて砂川堀流域の保全活動に取り組んで行きます。
      今後は現況の植生等の調査を行い、その結果を踏まえた管理方針を策定したうえで、保全の取り組みを進めていきます。
    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:所沢市北野三丁目6番13
    • 面積:587平方メートル
    • 取得日:2014年10月21日
    • 取得金額:3,545,480円
    トトロの森28号地
    トトロの森28号地はトトロの森1号地を含む雑魚入樹林地から西に広がる豊かな緑地の一画にあります。
    トトロの森28号地の写真
    トトロの森28号地の概要
    • この土地は、トトロの森1号地を含む雑魚入樹林地から西に広がる豊かな緑地の一画にあります。コナラを主体とした尾根筋にある雑木林で、堆肥を作る目的で落ち葉掃きが継続的に行われてきた明るい雑木林です。
        東側の散策路からは、隣接する墓地の向こうに広がる狭山湖堤防方面を見渡すことができます。
       昔ながらの雑木林の姿を良く残しており、貴重な生きものの生息環境として保全する価値が高い山林です。また、この土地を取得することで墓地の拡張の懸念を拭い去り、堀口天満天神社周辺の緑地保全に貢献することができます。

      現況の植物等の調査を行い、その結果を踏まえた管理方針を策定したうえで、ボランティアの皆さんの協力を得て、保全の取り組みを進めていきます。

    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:所沢市大字上山口字長久保440番4
    • 面積:1,058平方メートル
    • 取得日:2014年12月16日
    • 取得金額:4,126,200円
    トトロの森29号地
    トトロの森29号地はトトロの森22号地とともに、狭山湖を取り囲む豊かな森が始まる位置にあります。
    トトロの森29号地の写真
    トトロの森29号地の概要
    •  この土地は、狭山湖堤防の北側にある旧国民宿舎湖畔荘の跡地に接する一団の住宅地に面しており、2014年2月に取得したトトロの森22号地を含む樹林地の一画にある雑木林です。東側の道は車の通行する舗装道路ですが、西側の道は車両の進入を排除した歩行者専用道となっています。この道から西側の眺めはたいへん素晴らしく、狭山丘陵の里山景観を堪能できます。
        ここに生育する樹木は、クヌギ、エノキ、ミズキなどであり、手入れ不足の様子がうかがえます。

        トトロの森22号地とともに、狭山湖を取り囲む豊かな森が始まる位置に当たり、狭山丘陵の自然保護にとって重要な場所となっています。
        歩行者専用の散策路を通って、狭山湖からクロスケの家に向うルート上にあり、里山景観を楽しみながらの散策に多くの市民が利用している場所であります。トトロのふるさと基金の活動広報に大きな効果が期待できると考え、取得しました。


       現況の植物等の調査を行い、その結果を踏まえた管理方針を策定したうえで、ボランティアの皆さんの協力を得て、保全の取り組みを進めていきます。

    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:所沢市三ケ島一丁目146番1
    • 面積:869平方メートル
    • 取得日:2015年3月23日
    • 取得金額:5,161,860円
    トトロの森30号地
    トトロの森30号地はさいたま緑の森博物館案内所の近くにあり、絶滅危惧植物であるヒメザゼンソウの群生地に隣接しています。入間市で初めてのトトロの森です。
    トトロの森30号地の写真
    トトロの森30号地の概要
    •  この土地は、さいたま緑の森博物館案内所の近くにあり、絶滅危惧植物であるヒメザゼンソウの群生地に隣接しています。全体的に東から西に向かって傾斜しており、西端はかつての田んぼ(現在は湿地)に接しています。ここに生育する主な樹木は、ミズキ、コナラ、シロダモなどです。
        道は未舗装ですが、時に自動車が通行します。401番2の南の道は、散策路として緑の森博物館を訪れる多くの市民に利用されています。   この土地は緑の森博物館の区域に含まれており、埼玉県と土地所有者との間で緑地保全のための土地賃貸借契約が結ばれています。

        これまでトトロの森は、東村山市の1か所を除き、他のすべては所沢市内に所在していました。本件は入間市における初めてのトトロの森となります。また、緑の森博物館案内所に近いことから、基金活動の広報面で大きな効果が期待できます。
        この土地の地権者は、県に対して買い取りを要望していましたが、県は、公有地化の優先順位などの問題があり、すぐに対応できないとのことでしたので、私たちが取得することにしました。


       現況の植物等の調査を行い、その結果を踏まえた管理方針を策定したうえで、ボランティアの皆さんの協力を得て、保全の取り組みを進めていきます。

    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:入間市宮寺字宮前751番、760番及び字大谷戸401番2
    • 面積:1,607平方メートル
    • 取得日:2015年5月25日
    • 取得金額:6,588,700円
    トトロの森31号地
    トトロの森31号地はトトロの森20号地と21号地に隣接する雑木林です。ほぼ平らな土地で、早稲田大学周辺に残された良好な緑地の一画を占めています。
    トトロの森31号地の写真
    トトロの森31号地の概要
    •  ここに生育する樹木はコナラが優占し、シラカシが混じります。林床は手入れ不足のため下草が繁茂していますが、ヤマツツジなどの生育も確認されています。  

      <この土地を取得した理由>
        相続が起きる前の資産整理として3筆併せて取得してほしいとの要望が5人の地権者全員から寄せられましたので、検討したところ、現況がトトロの森20号地及び21号地と続く保全すべき良好な緑地の一部であったことから、取得することにしました。

       <これからの予定>
        現況の植物等の調査を行い、その結果を踏まえた管理方針を策定したうえで、ボランティアの皆さんの協力を得て、保全の取り組みを進めていきます。

    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:所沢市三ケ島二丁目501番3、6及び7
    • 面積:796.75平方メートル
    • 地権者:5人
    • 取得日:2015年8月24日
    • 取得金額:2,788,625円
    トトロの森32号地
    トトロの森32号地は六ツ家川の最源流部にあたり、谷頭部として保全重要度の高い場所です。所沢市が2013年に指定した「北野南二丁目里山保全地域」に含まれています。
    トトロの森32号地の写真
    トトロの森32号地の概要
    •   コナラやエノキなどの大木が見られ、林内には倒木なども見られることから、管理が不十分な状態であった様子がうかがえます。

       

      <この土地を取得した理由>
       ペット霊園のあたりは、かつて物納国有地として公売に付され、取得した業者によって小さく区画されて売られてしまったところです。舗装道路に面しているので、いつでも資材置き場等の開発が始まる可能性があります。六ツ家川の下流には再生した田んぼがあり、市民の手で保全活動が継続していることから、ここを取得し適切に管理していくことにしました。

       <これからの予定>
        現況の植物等の調査を行い、その結果を踏まえつつ、当該保全地域の保全計画と整合のとれた管理方針を策定したうえで、ボランティアの皆さんの協力を得て、保全の取り組みを進めていきます。

    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:所沢市北野南二丁目28番
    • 面積:4,587平方メートル
    • 取得日:2015年11月17日
    • 取得金額:18,348,000円
    トトロの森33号地
    トトロの森33号地は早稲田大学周辺に広がる緑地の一画にあり、2014年に取得したトトロの森26号地に隣接しています。
    トトロの森33号地の写真
    トトロの森33号地の概要
    •   コナラやシラカシが生える雑木林ですが、手入れ不足のためヒサカキなどが多くみられ、林床の植物はやや貧弱となっています。しかし、貴重な植物の宝庫であるトトロの森26号地と同様の適切な管理を行うことにより、豊かな森が戻ってくることが期待できます。

       

      <この土地を取得した理由>
       この森は、かつては「三ケ島二丁目墓地計画」に含まれていたことがありました。 貴重な植物や昆虫などの生息環境の保全を考えたとき、速やかに取得し保全する必要がありましたので、取得することにしました。狭山丘陵いきものふれあいの里スポット3に含まれています。

       <これからの予定>
        現況の植物等の調査を行い、その結果を踏まえつつ、当該保全地域の保全計画と整合のとれた管理方針を策定したうえで、ボランティアの皆さんの協力を得て、保全の取り組みを進めていきます。

    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:所沢市三ケ島二丁目527番2
    • 面積:2,123平方メートル
    • 取得日:2015年12月8日
    • 取得金額:8,017,784円
    トトロの森34号地
    トトロの森34号地はホタルの生息が確認されている湿地に面しています。
    トトロの森34号地の写真
    トトロの森34号地の概要
    •   斜面の下部にある森で、ホタルの生息が確認されている湿地に面しています。管理はほとんどされておらず、湿地の水源涵養の面で先々に不安があるところです。貴重な生物の生息環境の保全に配慮した管理が求められています。 狭山丘陵いきものふれあいの里スポット3に含まれています。

       

      <この土地を取得した理由>
       この森は、かつては「三ケ島二丁目墓地計画」に含まれていたことがありました。 貴重な植物や昆虫などの生息環境の保全を考えたとき、速やかに取得し保全する必要がありましたので、取得することにしました。

       <これからの予定>
        現況の植物等の調査を行い、その結果を踏まえつつ、当該保全地域の保全計画と整合のとれた管理方針を策定したうえで、ボランティアの皆さんの協力を得て、保全の取り組みを進めていきます。

    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:所沢市三ケ島二丁目536番5
    • 面積:1,487平方メートル
    • 取得日:2015年12月8日
    • 取得金額:5,055,800円
    トトロの森35・36号地
    狢入の樹林地にはすでにトトロの森6号地、23,25号地があります。今回の2つの森の取得によって、狢入地区でのトトロの森の合計面積は1ヘクタールを超えることになりました。
    トトロの森35号地の写真

    トトロの森36号地の写真
    トトロの森35・36号地の概要
    •      35号地は、狢入地区に残された樹林地の一画にあり、狭山丘陵いきものふれあいの里の自然観察路となっている尾根道に沿っています。草地状の畑の向うに見える狭山湖の堰堤方面の風景が見事です。
       36号地は、斜面の下部にある森で、幅員4メートルほどの所沢市道に面しています。資材置き場などに利用された場所も近くに見られています。
       どちらの森も長い間放置されていたため、シラカシなどの常緑樹が侵入していますが、ヤマツツジのような美しい花を咲かせる植物も多く見られています。

      <この土地を取得した理由>
       狢入の樹林地にはすでにトトロの森6号地、23号地、25号地があり、今回の2つの森の取得によって、狢入地区でのトトロの森の合計面積は1ヘクタールを超えることになります。
      生物多様性の保全の観点からは、森は大きければ大きいほど効果が高いといわれています。地権者からの申し出がありましたので、当地区の自然保護を進めるうえで必要と判断し、取得することにしました。

       <これからの予定>
        現況の植物等の調査を行い、その結果を踏まえつつ、当該保全地域の保全計画と整合のとれた管理方針を策定したうえで、ボランティアの皆さんの協力を得て、保全の取り組みを進めていきます。

    • ※案内板は現在作成中です。
    • 35号地
    • 住所:所沢市大字山口字狢入2637番
    • 面積:2,292平方メートル
    • 取得日:2016年1月26日
    • 取得金額:10,107,720円

    • 36号地
    • 住所:所沢市大字山口字狢入2630番2
    • 面積:1,223平方メートル
    • 取得日:2016年1月26日
    • 取得金額:5,503,500円
    トトロの森37号地
    トトロの森37号地は狭山丘陵の東端、八国山緑地にあります。
    トトロの森37号地の写真
    トトロの森37号地の概要
    •   狭山丘陵の東端にある八国山と呼ばれる緑地内に位置し、西武園駅から徒歩5分ほどの距離のところにあります。西武グループが開発した「松が丘住宅地」に近く、また最近開発された住宅地の道路から立ち上がった小さな擁壁がこの土地の北端に当たります。近くにはスーパーマーケット「いなげや所沢西武園店」があります。
        コナラやエゴノキなどが生育する雑木林となっているこの土地の南側から東側は、所沢市が管理する「八国山緑地」に接しており、また東京都東村山市の都市計画緑地「八国山緑地」とつながる広大な緑地の一部として、全体が良好に保全管理されています。
      なおこの土地は、所沢市内のトトロの森としては、初めての市街化区域(第一種低層住居専用地域)内の山林です。  

      <この土地を取得した理由>
      八国山南側の東京都では、その保全のために緑地として都市計画決定し、公有地化に努めてきましたが、北側の埼玉県では、1977年に松が丘住宅地の開発を許可し、その結果、北側の尾根間近まで宅地開発がなされてしまったところもあります。
      八国山は、映画「となりのトトロ」に出てくる七国山のモデルになったとも言われています。地権者からの申し出がありましたので、多くの市民に親しまれている八国山の自然を守るために必要と判断し、取得することにしました。

       <これからの予定>
        現況の植物等の調査を行い、その結果を踏まえつつ、当該保全地域の保全計画と整合のとれた管理方針を策定したうえで、ボランティアの皆さんの協力を得て、保全の取り組みを進めていきます。

    • ※案内板は現在作成中です。
    • 住所:所沢市大字荒幡字東向大谷1392番及び1397番
    • 面積:1,856平方メートル
    • 取得日:2016年2月19日
    • 取得金額:45,000,000円
    トトロの森38号地
    38号地は、29号地と道を挟んだ向かい側にあります。
    トトロの森38号地の写真

    トトロの森38号地の概要
    •   昨年3月に取得したトトロの森29号地と道路を挟んで広がる森が、今回取得したトトロの森38号地です。
      手入れはほとんどされておらず、アズマネザサやシラカシが林床を覆い、コナラやクヌギの樹木は大きくなっています。
      狭山湖の周囲に広がる樹林地の一画にあり、近くには住宅地や所沢市所有の「旧湖畔荘跡地」があります。
       

      <この土地を取得した理由>
      旧湖畔荘跡地の利用計画については、自然保護に寄与する計画となるよう、私たちは何度も要望を市へ提出してきたところです。
      しかし市は今年になって公売の方針を打ち出してきました。
      売却先によっては自然保護に逆行する方向に進んでしまうかもしれません。


      三ヶ島二丁目の墓地開発計画を見るまでもなく、まだ狭山丘陵とその周辺地域ではあちこちで開発による自然破壊が行われています。
      地権者からの申し出がありましたので、三ケ島一丁目地区の自然保護のために必要と判断し、取得することにしました。

       <これからの予定>
        現況の植物等の調査を行い、その結果を踏まえつつ、当該保全地域の保全計画と整合のとれた管理方針を策定したうえで、ボランティアの皆さんの協力を得て、保全の取り組みを進めていきます。

    • ※案内板はこれから作成します。
    • 住所:所沢市三ケ島一丁目63番1及び64番1
    • 面積:2,210平方メートル(公簿)
    • 取得日:2016年6月6日
    • 取得金額:12,994,800円
    トトロの森39号地
    39号地は、狭山湖の東側、尾根筋の舗装路に面しています。
    トトロの森39号地の写真

    トトロの森39号地の概要
    • 所沢市西部浄水場のタンクと道を挟んで南側にある雑木林が、今回取得したトトロの森39号地です。
      地形は緩やかに南方向に傾斜し、コナラやシラカシなどが生育しています。
      この土地は、多くの市民が散策で利用する椿峰から狭山湖へと向かう道筋にあります。
      道路に接した箇所の一部には土砂が捨てられ堆積していますが、堆積物の中身を調査した結果、有害物等の障害物は混じっていないことが判明しています。

      <この土地を取得した理由>
      この土地の周辺には雑木林と畑が散在し、良好な里山景観を作り上げていて、現状のままの保全が望まれるところです。
      地権者から譲渡の申し出がありましたので、北峰地区の良好な里山を保全する取り組みの第一歩となることを期待して、取得することにしました。

      <これからの予定>
      現況の植物等の調査を行い、その結果を踏まえた管理方針を策定したうえで、ボランティアの皆さんの協力を得て、保全の取り組みを進めていきます。

    • ※案内板はこれから作成中します。
    • 住所:所沢市大字上山口字北峰538番1
    • 面積: 1,435平方メートル(公簿)
    • 取得日:2016年8月29日
    • 取得金額:6,314,000円
    トトロの森40号地
    39号地は、東京都東大和市、多摩湖自転車道に面しています。
    トトロの森40号地の写真

    トトロの森40号地の概要
    • この土地は、多摩湖を取り囲む樹林地の一角にあり、狭山丘陵の豊かな森の広がりを作り出しています。
      ゆるやかに南に向かって下る地形上にコナラが生育する良好な樹林地となっており、市街化調整区域に含まれています。
      北には多摩湖の周囲道路(一部は多摩湖自転車道)があり、多くの自転車愛好家がサイクリングを楽しんでいます。
      この土地の南側の場所では大規模な墓地の開発計画がありますが、現在動きは止まっているようです。

      <この土地を取得した理由>
      この土地は「東大和芋窪緑地」という都市計画緑地に指定されていますが、施行主体である都が2020年度までに優先的に事業を進める予定の「重点公園・緑地」にはなっておらず、当面、都は取得することができないとのことでした。
      また、都が施行事業者となっている都市計画事業用地を東大和市が取得することは、波及する影響が大きいためできないとのことでした。
      地権者から譲渡の申し出があり、また、相続を原因とした売買であることからやむを得ざる事情があると判断し、この土地の良好な自然を守るためにトトロの森基金で取得することにしました。

      <これからの予定>
      現況の植物等の調査を行い、その結果を踏まえた管理方針を策定したうえで、ボランティアの皆さんの協力を得て、保全の取り組みを進めていきます。

    • ※案内板はこれから作成します。
    • 住所:東京都東大和市芋窪二丁目1923番1
    • 面積: 2,543平方メートル(公簿)
    • 取得日:2016年9月7日
    • 取得金額:12,715,000円

    本ウェブサイトのPDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は右側のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用下さい。

    Adobe Reader